注目の記事 PICK UP!

小川正和弁護士(第一東京)を相手取った紛議調停が、弁護士本人と連絡が取れずに延期に

第一東京弁護士会に所属する小川正和弁護士に対して、複数の懲戒請求と、紛議調停が申し立てられている問題で、第一東京弁護士会の紛議調停の委員会が、小川正和弁護士と連絡が取ることもできないために、6月28日の予定されていた紛議調停の委員会の開催が延期とされていることが、弁護士ログニュースの取材でわかった。

同弁護士は、弁護士費用保険のミカタ少額短期保険の創業者である久米慶氏が新たに創業したプリベントメディカル社の監査委員長を務めた実績も持つ弁護士である。

同弁護士は、すでに過去に2回の懲戒歴を誇っているが、それらはいずれも自力救済に関係するものであり、今回の案件は依頼者から報酬をだまし取るという内容で訴えられているため、以前の戒告とは異なる処分がなされる可能性が一部でささやかれている。

おって続報をお伝えする。

参考サイト:
弁護士ログHP

関連記事

  1. 「私は無実です—。」秋元司元議員の有罪判決、この報道に私たちは何を見抜くべきか(上)

  2. 江尻隆弁護士の20年愛憎不倫事件のヤメ検代理人・堀内国宏弁護士の調停段階での陳述書を公開

  3. 江尻隆弁護士、元部下の美人アソシエート弁護士との婚約不履行損害賠償請求事件、江尻弁護士側の第一回準備…

  4. 大阪弁護士会、横領疑いの元大江橋法律事務所の古賀大樹弁護士を除名処分

  5. ハイアス・アンド・カンパニーが不適切な会計処理に係る特別調査委員会設置を公表

  6. 福永活也弁護士が元予備校教師の男性を提訴、「ひとり親支援法律事務所に入所された場合、特段の事情なき限…

  7. 江尻隆弁護士が元部下の女性弁護士から2億円近い損害賠償を求められていた事件の判決

  8. ユニバーサルエンターテインメント代表訴訟、東京地裁民事8部が元会長岡田和男氏に約20億円の賠償命令

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP