注目の記事 PICK UP!

小川正和弁護士に3回目の懲戒処分、他の弁護士名を承諾得ず使用し業務停止1ヶ月

業務停止1ヶ月の処分を受けて3回目の懲戒処分となる小川正和弁護士/弁護士ログニュース編集部

第一東京弁護士会は23日、同会所属の小川正和弁護士(58)を、同日付で業務停止1月の懲戒処分にしたと発表した。小川弁護士の懲戒処分は、これで3回目となる。

同会の発表によると、小川正和弁護士は、2018年4月に、原告代理人として提訴した民事裁判で、別の事務所である弁護士法人Proceedに所属する弁護士2人の承諾を得ずに、2人の名前を記した訴状を東京地裁に提出していた。

小川弁護士は同会のヒアリングに対して、「2人から承諾を得ていていると思っていた」と言い訳している模様だ。

小川弁護士を巡っては、複数の懲戒請求が現在も同時に審査されている模様である。

参考サイト:
弁護士法人Proceed

関連記事

  1. 森順子弁護士が江尻隆弁護士に書類を送付

  2. 江尻隆弁護士婚約不履行損害賠償請求事件、江尻弁護士側の答弁書が提出される

  3. 江尻隆弁護士が元部下の美人弁護士から婚約不履行で訴えられている事件、原告女性側から第7回準備書面が提…

  4. 江尻隆弁護士が20年愛人との関係を説明する陳述書を提出

  5. 江尻隆弁護士が元部下の美人弁護士から婚約不履行で訴えられている事件、原告女性側から第1回準備書面が提…

  6. ツイッターの逮捕歴に関する投稿を、最高裁が削除を命じる初の判決

  7. 金珍隆こと志村智隆公認会計士へ日本公認会計士協会が処分、会則によって会員及び準会員に与えられた権利の…

  8. 江尻隆弁護士の元部下の美人アソシエイト弁護士との愛憎20年不倫、本人尋問を本誌が実況中継

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP