注目の記事 PICK UP!

【つばさの党3名「交通の便」を妨げる行為で再逮捕へ1950年の法律が初施行】

2024年4月に東京15区の衆議院補欠選挙中につばさの党立候補者含む3人が他の候補者の演説を邪魔した疑いで逮捕された事件について、新たな展開がありました。警視庁の捜査によれば、この3人は「カーチェイス」と呼ばれる行動をとって他の選挙カーを追いかけ回し、選挙活動を妨害したとされ、7日に公職選挙法違反の疑いで再逮捕する方針をかためました。

衆議院東京15区の補欠選挙で、つばさの党から出馬していた幹事長の根本良輔容疑者(29歳)と党代表の黒川敦彦容疑者(45歳)杉田勇人容疑者(39歳)を含む3人が、4月、亀戸駅での乙武洋匡候補者(48)小池百合子都知事(71)が演説中に拡声機を使用して大声で叫び、聴衆が演説内容を聞き取れないようにしたとして、5月17日に公職選挙法違反で逮捕されていました。

捜査関係者によると、警視庁が他立候補陣営の被害届を基に調査を行った結果、根本立候補者らは立憲民主党の選挙活動を標的にして『カーチェイス』と呼ばれる行為で選挙カーを激しく追跡し、警察署への避難を余儀なくさせるなど「交通の便」を妨げる行為で妨害。また、街頭での演説中にも割り込み、拡声機を使って大声で叫ぶことにより、演説を中断させた疑いが持たれています。

警視庁は活動の実態をさらに調べることにしています。

公職選挙法に規定された「交通の便」を妨げる行為で立件するのは、1950年に法律が施行されて以来、初めてのケースとなるとみられます。

警視庁は今月20日に行われる東京都知事選挙を前に選挙違反の取締本部を設置し、捜査員およそ2000人態勢で取り締まりにあたる方針で、「不偏不党の立場を変えず、取り締まりを行っていく」としています。

関連記事

  1. 【立憲・吉田統彦議員税優遇 党支部に5000万円寄付し所得税の控除受ける】

  2. 【前澤友作氏がメタ社提訴へ 有名人語る投資詐欺広告へ対策求める】

  3. 江尻隆弁護士婚約不履行損害賠償請求事件、江尻弁護士側の答弁書が提出される

  4. 「受刑者に選挙権がないことは違法」詐欺で収監中の男性が吉田京子弁護士を代理人として国を提訴

  5. 菅野(山尾)志桜里前衆議院議員が第二東京弁護士会で弁護士登録を発表

  6. 【「言論の自由だ!」つばさの党、家宅捜索に憤り、小池百合子自宅前で猛抗議!「偏向報道を許さない」】

  7. 【弘中惇一郎氏へ独占取材】秋元司のIR汚職事件を知る当事者が語る隠された真実とは?!

  8. 広瀬めぐみ、架空の秘書給与『公金詐取疑惑』証拠音声発見!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP