注目の記事 PICK UP!

東電旧経営陣に民事訴訟史上過去最高額の13兆3210億円の賠償命令、原発事故で東京地裁民事8部が判決

東京電力福島第1原発事故が起きたのは、当時の経営陣が、巨大津波を予見しながら対策を先送りしたことが原因だったなどとして、東京電力の株主48人が同社の元役員5人を相手取り総額22兆円を東電に賠償するよう求めた株主代表訴訟の判決が13日にあり、東京地裁民事8部(朝倉佳秀裁判長)は、勝俣恒久元会長(82)、清水正孝元社長(78)、武黒一郎元副社長(76)、武藤栄元副社長(72)の4人に対して、合わせて13兆3210億円の支払いを命じる判決を言い渡した。

今回の民事裁判の賠償命令額としては日本の司法史上過去最高の金額である。

原子力損害賠償法では、原発事故が起きた際の電力会社の賠償責任を無過失で認めているおり、法人としての東京電力には賠償を命じる判決は既に出ているが、旧経営陣の個人の賠償責任を認めるのは、今回の判決が初めてとなる。

同訴訟では、東京電力福島第1原子力発電所事故を巡って、同社の株主48人が、旧経営陣5人に計22兆円を東電に支払うよう求めていた。

参考サイト:
福島第一原子力発電所の事故の概要

関連記事

  1. 「私は無実です—。」秋元司元議員の有罪判決、この報道に私たちは何を見抜くべきか(上)

  2. ユニバーサルエンターテインメント代表訴訟、東京地裁民事8部が元会長岡田和男氏に約20億円の賠償命令

  3. 江尻隆弁護士が元部下の女性弁護士から訴えられている事件で、原告側が訴訟記録閲覧制限の申立てに対する意…

  4. 高野隆法律事務所の小松圭介弁護士らが大津綾香氏の代理人として千葉地裁へ仮処分を申請へ

  5. 江尻隆弁護士、元部下の美人アソシエート弁護士との婚約不履行損害賠償請求事件、江尻弁護士側の第一回準備…

  6. 古い慣習に終止符。追い風吹いたか?夫婦別姓を求めて札幌、東京で12人が国を提訴。

  7. 上場前からずっと不正会計のハイアス・アンド・カンパニー、現取締役が株主総会で不正会計の指南役・金珍隆…

  8. 弁護士法人浜田卓二郎事務所が負債総額5億円で破産、元衆議院議員で出光興産創業家の元代理人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP