注目の記事 PICK UP!

東京都知事選 小池知事3選 石丸氏が2位 蓮舫氏は「2位にもなれず3位に沈む」

東京都知事選挙は、7月7日投票が行われ即日開票されました。小池百合子知事が291万票余を獲得し3回目の当選を果たしました。

【参考資料:各候補者の得票数と率の選挙結果】

NHKなどの報道機関で当選確実が報じられた直後、支持者が待つ会場に姿を現した小池氏は、「8年間の実績を評価していただいた。これまでもチルドレンファーストの政策を進めてきたが『018サポート』、高校授業料の無償化、子育てと教育にお金や負担がかからない東京を目指していく。第2子までの保育料無償化をさらに広げ、第1子からという設計を進めていきたい」と述べました。

さらに、今回の選挙戦について質問されると「何度も選挙を経験したがこれまでなかったような選挙戦だった。ポスターの掲示、脅迫、街頭ではやじの大合唱があったり、これまで経験したことがないような選挙戦だった」と振り返り、「国会で法改正の動きがあれば、当事者として意見を述べたい」と語りました。

石丸伸二氏は「今回、私のチームは本当に全力を尽くせたと思う。その点において胸を張って出来ることは全部やったと言い切れる。本当にありがとうございました」と集まった支持者に感謝を述べました。

今後の政治活動について報道陣から聞かれると、「まだ決めていない」と述べ、その上で国政選挙への考えについて聞かれると、「選択肢としては当然考えます。たとえば衆議院広島1区。岸田首相の選挙区です」と述べました。

斎藤蓮舫氏は、敗因について記者から質問されると、「循環型の東京を作りたいという思いは全力で訴えたつもりだが、結果として届かなかったのは私の力不足で申し訳ない」と述べました。また、次の衆議院選挙に立候補する考えがあるか、記者から質問されたのに対して「私に何が足りないのかは少し考える時間を下さい」

~報道機関が実施した開票所での投票を済ませた方「誰に投票したのか」を伺う「出口調査」からみえてくるもの~

当選した小池知事をはじめ石丸氏、蓮舫氏の3人について、投開票日の7日、各報道機関が行った出口調査の数値を整理していきます。

【支持政党別の投票先】

まず、それぞれの政党を支持している人たちが、3人の候補者のうち、「誰に投票をした」のかその割合を候補者毎に見ていきます。

小池氏に投票した各政党の支持層の割合です。

NHK調査では、自民支持層の60%台半ば、公明支持層の80%余、日本維新の会支持層の40%台半ば、都民ファーストの会支持層の90%余、「特に支持している政党はない」といういわゆる無党派層の30%余の人たちが「小池氏に投票した」と答えました。

同様に、朝日新聞調査では、自民67%、公明81%、維新32%、立民14%、共産12%、無党派32%が投票したと回答しています。

讀賣新聞調査では、自民67%、公明77%、立民19%。共産10%、無党派31です。

共同通信調査では、自民67% 公明80.8% 維新31.9% 国民28.6% 立民13.8% 共産12.2% 無党派30.6となっています。

石丸氏に投票した各政党の支持層の割合です。

NHK調査では、自民10%台後半、維新20%台半ば、国民民主約40%、無党派30%余です。

朝日調査では、自民19%、公明10%、立民11%、維新41、共産10%、無党派36となっています。

讀賣調査では、自民20%、立民18%、無党派36です。

共同調査では、自民18.6% 公明9.6% 維新41.0 国民38.5% 立民10.7% 共産10.4%、無党派38.0でした。

蓮舫氏に投票した各政党の支持層の割合です

NHK調査では、立民60%台後半、共産60%台後半、れいわ新選組約30%、無党派約20でした。

朝日調査では、自民5%、公明5%、立民72%、維新14%、共産69%、無党派16

讀賣調査では、立民59%、共産71%、無党派17でした。

共同調査では、自民4.8%、公明5.5%、維新13.9%、国民11.0%、立民72.1%、共産69.4%、無党派16.6でした。

【年代別の投票先】

各年代別に投票した候補者を見ていきます。

NHK調査では、10代と20代の40%余が石丸氏20%台後半が小池氏に投票しています。

30は、石丸氏と小池氏にそれぞれ30が投票しています。

40は、30%台半ばが小池氏、30%余が石丸氏に投票しています。

50では、40%余が小池氏、20%台半ばが石丸氏に投票しています。

60では、約40%が小池氏、20%台後半が蓮舫氏、20%が石丸氏に投票しています。

70歳以上は、約50%が小池氏、約30%が蓮舫氏に投票しています。

讀賣調査では、1819歳、2030歳代の若い世代では、いずれも石丸氏がトップでした。一方、40~70歳代、80歳以上では、小池氏を選んだ有権者が最も多くなりました。。

共同調査では、1829歳の41%が石丸氏に投票。小池氏は40代以上の年代で、いずれも最多でした。

【男女別の投票先】

男女別の投票先は、NHK調査で、男性の30%台半ばが小池氏、20%台後半が石丸氏、約20%が蓮舫氏に投票しています。女性は、40%台後半が小池氏、20%余が蓮舫氏に投票しています。

讀賣調査では、男性の投票先は、小池氏34%、石丸氏33とほぼ同数で、蓮舫氏は18%でした。女性は小池氏が44%と高く、蓮舫氏22%、石丸氏21とほぼ同数となりました。

共同調査では、小池氏は女性からの投票が46%と、蓮舫氏の20%を大きく上回りました。男性の投票先は小池氏が32%、石丸氏が33%と拮抗しました。

編集部では、都知事選の選挙結果やこうした調査を踏まえ、今後もより多角的に有権者の投票動向を分析し、衆議院選挙や来年行われる東京都議会議員選挙、参議院選挙の行方を占っていきたいと思います。

【参考:各報道機関の出口調査】

NHK:64投票所・有権者5646人を対象に行い、62.4%にあたる3522人から回答

朝日新聞:120箇所・有効回答5357人

讀賣新聞:240投票所で実施し、有権者6891人から回答

共同通信:120箇所・有効回答5357人

                                    以上

筆者 平木雅己(ひらきまさみ)選挙アナリスト

元NHK社会部記者。選挙報道事務局を長く勤め情勢分析や出口調査導入に尽力。小選挙区制度が導入された初めての衆議院議員選挙報道ではNHK会長賞を受賞。ゼネコン汚職事件、政治資金の不正など政治家が関わる多くの事件・疑惑も取材。

その後、連合(日本労働組合総連合会)事務局にて会長秘書(笹森清氏)として選挙戦略の企画立案・候補者指導を担当、多くの議員の当選に尽力した。 

政策担当秘書資格取得後、法務大臣/自民党幹事長代理はじめ外務大臣政務官、衆参国会議員政策秘書として、外交・安全保障、都市計画、防災、司法、治安、雇用・消費者、地方自治などの委員会や本会議質問を作成、政策立案に携わる。

関連記事

  1. 【警告】誰が都知事になっても日本が変わらないと思っている全国民へ。

  2. 【国賠訴訟だ!何か言いたいなら論破してこい!つばさの党根本りょうすけ候補、黒川あつひこ党代表あつい記…

  3. 江尻隆弁護士の女性問題で秋田一恵弁護士が通知書を西村あさひ法律事務所へ送付

  4. 【『小池問題』学歴詐称の疑いでついに告発状を東京地検に提出 小島弁護士が卒業証書の矛盾点解読!】

  5. 【『自由を守る会』2議席確保!江東区は元区議さんのへあや氏が初当選東京都議会議員補欠選挙】

  6. 自民39人の処分決定 岸田、二階は処分せず 離党勧告は塩谷氏世耕氏の2人 武田氏は党役職停止に

  7. 【新たな最高裁長官に今崎幸彦氏任命 最高裁判事は平木正洋氏、中村慎氏任命】

  8. 【旭川 神居古潭女子高生殺害犯 内田莉瑚容疑者や19歳女子と合コンをする警察官の画像出回る】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP