注目の記事 PICK UP!

葬儀場で遺体を取り違えて火葬

名古屋市北区に本拠を置く葬祭業の「ティア」が、埼玉県越谷市にて運営する「ティア越谷」という葬儀場で、9日に男性と女性の2人の遺体の取り違えにより誤って葬儀を行ったことが判明した。このミスにより、男性の遺族がいる中で女性の遺体が火葬されてしまった。火葬後の遺灰の中から、遺族にとって見覚えのない遺品が見つかったことから、この取り違えが発覚した。

この事故について、同社および関係者によると、本来は男性の遺体を市営火葬場へと最初に搬送する計画だったが、従業員の手違いで女性の遺体を誤って運んでしまったとのこと。遺体や棺に付けられた名札などの確認作業を怠った結果と言われている。

女性の遺族は、火葬に同席することなく遺骨を受け取り、男性の遺族は再度火葬の場に立ち会った後、それぞれの葬儀を終えた。ティア社は、このミスに対して両方の遺族に謝罪を行った。
火葬場を運営する市側は、このような取り違えがどのようにして起こったのかについて、ティア社からの詳細な報告を求めている。
ティア社は取材に対し、「この事態を非常に重く受け止めており、原因の究明と再発防止策の徹底を図りたい」とコメントしている。

関連記事

  1. クリスティアーノ・ロナウドの息子ロナウド・ジュニアが初タイトルのトロフィー

  2. 【元鹿児島県生活安全本部長が県警の不正を訴えたら逮捕、勾留】

  3. HOYAサイバー攻撃3度目「解析には相当の日数を要する見込み」

  4. 【死刑求刑】検察が再審でも尚、死刑求刑する事に呆然。袴田事件を解説!

  5. 新株主がプリベントメディカルの株式取得、承認請求を行う

  6. 【異変!小池百合子が進める都民蔑ろの都市新築開発にミツフの三文字】

  7. 水俣病訴訟 熊本地裁は請求棄却 大阪地裁と判断分かれる

  8. 【「妻の遺族年金貰えない」遺族補償年金の性差別訴訟 国は争う構え】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP