注目の記事 PICK UP!

広瀬めぐみ弁護士が参議院岩手選挙区で勝利、自民党として30年ぶり

参院選岩手選挙区(改選数1)では、公明党の推薦も受けていた自民党新人の広瀬めぐみ氏(56)が26万4422票を獲得。

立憲民主党現職の木戸口英司氏(58)に2万2248票差をつけて、初当選した。

事実上の野党共闘で臨んだ木戸口氏を終盤で逆転する結果となり、小沢王国と言われた岩手で、自民党の候補として1992年以来、30年ぶりの選挙区勝利を果たした。

広瀬めぐみ弁護士の経歴は、1966年6月盛岡市生まれで、1979年に岩手大学教育学部附属中学に入学し、1982年に岩手県立盛岡第一高等学校に入学。1986年に上智大学外国語学部英語科に入学後、1994年に結婚。1999年に司法試験に合格し、2001年9月に弁護士登録。新銀座法律事務所に勤務し、2008年に広瀬めぐみ法律事務所を設立して独立した。2018年5月に銀座イースト法律事務所に入所して、現在に至っていた。

参考サイト:
広瀬めぐみオフィシャルサイト

関連記事

  1. 松尾明弘弁護士が参議院東京選挙区で落選確実に

  2. 【つばさの党黒川あつひこ代表、東京都知事選立候補!その仰天構想の中身とは】

  3. 元夫・山尾恭生氏が山尾志桜里衆議院議員を提訴、長男の面会交流を巡って

  4. 弁護士の松尾明弘前衆議院議員を参議院選挙東京選挙区で立憲民主党が公認

  5. 【兵器がないと海外に威しをかけられないじゃない! 木原誠二と櫻井よし子憲法改正講演会】

  6. 【政治家裏金問題】岸田内閣支持率低下の裏で動く真実

  7. 【水道事業民営化による外国資本侵入 ウォーターバロンとは?】

  8. 東京15区 根本りょうすけ氏、出馬へ意気込み!年金、ワクチン、カルト宗教「おかしい」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP