注目の記事 PICK UP!

森友事件を全員不起訴にした元大阪地検検事正、在任中の性的暴行事件で逮捕

大阪高等検察庁は2024年6月25日、準強制性交容疑で弁護士、北川健太郎容疑者(64歳)=京都府相楽郡=を性的暴行で逮捕しました。関係者によりますと、検事正在任中の事件とみられています。
北川容疑者は元検事。大阪地検トップの検事正をはじめ西日本の主要ポストを歴任し、「関西検察のエース」として知られていました。
こちらが直近の大阪地検検事正のその後です。北川健太郎氏は検事長にはなれなかったようです。
畝本毅 高松検事長
田辺泰弘 福岡検事長
北川健太郎 検事正
榊原一夫 大阪高検検事長
上野友慈 大阪高検検事長
〈これは、一体何があったのでしょうか?〉
大阪高検は「被害者のプライバシー保護」を理由に、認否のほか、発生時期や被害者との関係性を含めて事件に関する情報を公表していません。尚記者会見も行わなれておりません。
北川容疑者は2018年2月から2019年11月まで大阪地検検事正を務めていました。
石川県出身。金沢大法文学部卒業後1985年に任官。東京地検からやがて関西地方でキャリアを重ね、大阪高検次席検事や最高検刑事部長などを歴任し、
2018年2月には、大阪地検トップの大阪地検検事正に着任しました。
会見では「検察の活動が国民の信頼という基盤に支えられていることを肝に銘じ、国民の負託に応える検察を目指したい」と語り、重点的に取り組むべき課題として、
■児童虐待
■特殊詐欺
■再犯防止を提示。特に児童虐待は「大阪は深刻な状況にある」と危機感を示し、「大阪は深刻な状況にある。警察や児童相談所との連携を深めていきたい」「捜査をレベルアップするとともに、警察や児童相談所との連携を深めていきたい」と、このように話していました。

事件では、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題や、学校法人明浄学院を巡る業務上横領事件などの捜査を指揮。関係者を全員不起訴にした時の検事正でした。定年を前にした2019年11月に辞職し、大阪弁護士会に弁護士登録し、退官後は弁護士として活動していました。

小橋常和大阪高検次席検事は「検察の要職にあったものが逮捕されたことは誠に遺憾。適正に捜査を遂げた上で最終処分を検討したい」と述べました。

元大阪地検トップ逮捕、検事正在任中の犯行か 大阪高検は準強制性交事件の内容公表せず
https://www.sankei.com/article/20240625-EUGUIKHLT5OJFHMATKMMWT6PF4/?utm_source=coins&utm_medium=push&utm_campaign=COINs

準強制性交容疑で逮捕の元検事正は「関西検察のエース」 弁護士転身後はコンプラを担当
https://www.sankei.com/article/20240625-BW4MVSFIPFO3BDB5WWU6YGR25M/

大阪地方検察庁 元検事正を性的暴行の疑いで逮捕 大阪高検
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240625/k10014491561000.html

関連記事

  1. 水俣病訴訟 熊本地裁は請求棄却 大阪地裁と判断分かれる

  2. 20年来愛人の森順子弁護士が江尻隆弁護士との関係を激白、本誌が本人尋問調書を公開

  3. 江尻隆弁護士の元部下の美人アソシエイト弁護士との愛憎20年不倫、本人尋問を本誌が実況中継

  4. 江尻隆弁護士が元部下の女性弁護士から訴えられている事件で、被告江尻氏側が訴訟記録閲覧制限の申立てを取…

  5. 江尻隆弁護士の20年愛憎不倫婚約不履行事件のヤメ検代理人・堀内国宏弁護士の新たな陳述書を公開

  6. 江尻隆弁護士が元部下の美人弁護士から婚約不履行で訴えられている事件、原告女性側から第7回準備書面が提…

  7. 東電旧経営陣に民事訴訟史上過去最高額の13兆3210億円の賠償命令、原発事故で東京地裁民事8部が判決…

  8. 小川正和弁護士に3回目の懲戒処分、他の弁護士名を承諾得ず使用し業務停止1ヶ月

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP