注目の記事 PICK UP!

【激動の経営人生】HOYAガラス元社長鈴木哲夫の経営人生を振り返る中編

HOYAガラスの元名誉会長であり日本の技術者、実業家の鈴木哲夫さんの人生を振り返ります。
5年間で売り上げを10倍の20億円に拡大し、社名を保谷硝子に変更、
1961年に東証2部に株式上場を果たしたが、昭和40年不況により赤字・無配となり、1967年相談役に降格。
そこからの快進撃にも注目!

関連記事

  1. 金珍隆こと志村智隆公認会計士へ日本公認会計士協会が処分、会則によって会員及び準会員に与えられた権利の…

  2. 【10億円赤字】HOYAガラスの不況を救った鈴木哲夫の人生を振り返る前編

  3. キヤノン株式会社の主要下請け取引会社、株式会社シイネクレーンテクニカルで内紛勃発

  4. プリベントメディカル、過去5年間の決算データから見る企業の舵取り

  5. 株式会社シイネクレーンテクニカル側公認会計士山崎哲司氏の異常な株式価値計算

  6. シイネクレーンテクニカルの経理の闇に、専門委員が切り込む展開に。元喜望大地顧問弁護士の土屋勝裕弁護士…

  7. 前社長が株式を売却で紛争中の株式会社シイネクレーンテクニカルで、株式売買価格決定申立についての第1回…

  8. ハイアス ・アンド・カンパニーの第19期定時株主総会が目黒で開催、金珍隆こと志村智隆公認会計士に対す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP