注目の記事 PICK UP!

水俣病訴訟 熊本地裁は請求棄却 大阪地裁と判断分かれる

水俣病被害者救済特別措置法(特措法)に基づく救済の対象とならなかった熊本県や鹿児島県など九州の住民144人が、国と熊本県、チッソ(東京)に損害賠償を求める集団訴訟の判決が22日に言い渡された。熊本地裁(品川英基裁判長)は原告側の請求を全面的に退けた。

引用元:Wikipedia
同種の集団訴訟は東京、大阪、新潟でも提起されており、熊本地裁の判決は2例目となる。2023年9月の大阪地裁判決では、原告128人全員が水俣病被害者と認定され、1人当たり275万円の支払いを国などに命じた。
熊本と大阪で司法判断が分かれることとなった。
水俣病は、チッソ水俣工場から排出されたメチル水銀に汚染された魚介類を食べたことで発症した。
1956年に公式確認され、1968年に国が公害として認定した。しかし、国による患者認定基準は極めて厳しく、未認定の被害者の救済が問題視されてきた。

そこで国は2009年、水俣病問題の「最終解決」を図るため、特措法を制定した。ただし救済対象は、水俣湾周辺の熊本県と鹿児島県の9市町に1年以上居住し、かつメチル水銀排出終了の1969年11月末までに生まれた者で、一定の症状がある者に限定された。
2012年7月の申請期限までに両県で4万5933人が一時金支給などを申請したが、実際に救済された人は3万6361人にとどまり、9572人が対象外とされた。このため、今回訴訟に至った。

関連記事

  1. 【白ブリーフ判事こと岡口氏ってどんな人?「裁判だめでした」SNS止めぬ】

  2. 寺原真希子弁護士ってどんな方?LGBT活動に力を入れた弁護活動、その強い原動力とは〜 

  3. 「立花問題」もっと拡散せよ!事件記者ジャーナリスト山岡俊介氏、大津綾香を激賞

  4. 速報!立花孝志氏、代表権争いで敗訴。

  5. 【10億円赤字】HOYAガラスの不況を救った鈴木哲夫の人生を振り返る前編

  6. 一審で実刑になった臓器仲介人の献金を隠していた立憲川田龍平議員事務所の内部

  7. 秋元司、IR汚職事件で控訴審も実刑判決

  8. 千葉の名門病院 亀田総合病院で経営者一族の内紛勃発

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP