注目の記事 PICK UP!

秋元司、IR汚職事件で控訴審も実刑判決

東京高裁は22日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件で、収賄と証人買収の罪に問われた元衆院議員の秋元司被告(52)に対し、懲役4年・追徴金約758万円の実刑判決を言い渡した。無罪を訴えた被告側の控訴を棄却し、東京地裁の1審判決を支持した。 1審判決では、秋元被告が2017年9月の衆院解散日、IR参入を目指す中国企業の元顧問2人から衆院議員会館で現金300万円を受け取ったことなどを認定。18年2月までに同社から計約758万円の賄賂を受け取ったと判示した。 また、保釈中の20年6~7月に元顧問2人に対し、現金授受の現場にいなかったと虚偽証言する見返りに計3500万円の支払いを持ちかけたと認定していた。 控訴審で被告側は、「議員会館で現金を受け取ったという元顧問2人の証言は信用できない」と主張。スマホのGPS記録から、受け取り日に議員会館にいなかったと訴えた。 しかし検察側は「元顧問2人の証言は客観的証拠で裏付けられており信用できる。GPSデータは正確ではなく、議員会館不在の証拠にはならない」と反論し、控訴棄却を求めていた。 高裁は検察側の主張を受け入れ、1審判決を支持。秋元被告の控訴を棄却した。

関連記事

  1. オウム松本智津夫元死刑囚の遺骨と遺髪 東京地裁が次女へ引き渡し命令

  2. 葬儀場で遺体を取り違えて火葬

  3. 千葉の名門病院 亀田総合病院で経営者一族の内紛勃発

  4. 【10億円赤字】HOYAガラスの不況を救った鈴木哲夫の人生を振り返る前編

  5. 水俣病訴訟 熊本地裁は請求棄却 大阪地裁と判断分かれる

  6. 【経営快進撃!】HOYAガラスがIBMからの発注を受けた理由。(鈴木哲夫の人生を振り返る完結編)

  7. 【パンデミック条約反対デモ池袋で呉越同舟 約2万人以上集結!】

  8. 「立花問題」もっと拡散せよ!事件記者ジャーナリスト山岡俊介氏、大津綾香を激賞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP