注目の記事 PICK UP!

SNS投稿の岡口判事を罷免、表現行為で初 弾劾裁判所

仙台高裁の岡口基一判事(56歳、職務停止中)が、SNSでの投稿で殺人事件の
遺族を傷つけたとして訴追され、彼の辞職を決める弾劾裁判が行われ

2023年4月3日(水)岡口判事を罷免、表現行為で初

岡口判事は「私の表現行為は不適当なものもあり、深くおわび申し上げたい」と述べていた。
その後、弁護団が裁判官を辞めさせる「罷免(ひめん)」にあたらないと主張した。

この裁判は、国会議員14人が裁判官を務め、公開で行われ、関わった議員の3分の2以上の賛成があれば
岡口判事は職を失うだけでなく、法曹資格も剥奪される
判決はその場で確定し、退職金も出ない。

岡口判事は2017年、東京高裁がウェブサイトに誤って載せた殺人事件の判決文を引用し
自身のツイッターに「首を絞められて苦しむ女性に性的興奮を覚える性癖を持った男」
「そんな男に無残にも殺されてしまった17歳の女性」と投稿。

これに抗議した遺族について19年、フェイスブックで「高裁に洗脳」されていると書いた。

これにより、最高裁から2度戒告処分を受け、遺族の請求により訴追委員会が
23年弾劾裁判を決定。これまでに9件の弾劾裁判があり、7人が罷免されたが
SNSの投稿が審理対象となるのは今回が初めてだった。

※ 参照記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE274A00X20C24A3000000/?n_cid=BMSR2P001_202404031620

関連記事

  1. 【政治家裏金問題】岸田内閣支持率低下の裏で動く真実

  2. 【政治家不倫問題】広瀬めぐみ・今井絵理子・山尾志桜里

  3. 岸田総理、自民党裏金議員39名の処罰を検討 4日に向けて調整続く

  4. 自民39人の処分決定 岸田、二階は処分せず 離党勧告は塩谷氏世耕氏の2人 武田氏は党役職停止に

  5. みんなでつくる党(旧・NHKから国民を守る党)が破産

  6. 【名芸大セクハラ疑惑の新学長の主張はまるで20年前の古い感覚と専門家が苦言

  7. 自由民主党の今を世界一分かりやすく解説!〇〇党に侵食される岸田政権の行方はいかに・・・!?

  8. 【給料が上がらない】日本のある組織があなたの昇給を防いでいる?!日本経済の闇を追求いたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP